センター長あいさつ

医工連携を通じた新たな医学研究の創出と展開

センター長    飯野 正光
疾患生命工学センターは、医学系研究科と工学系研究科が相互に乗り入れることにより平成15年度より発足いたしました。 「近年の医学・生命科学研究の急速な展開に的確に対応し、次世代の疾患研究を国際的にリードするため、工学系を中心とする他分野との融合による新しい医学研究分野を創出し、及び発展させることを目的とする」とセンターの設置規則に謳われている通り、明確なミッションを持った新しい組織です。 現在、7部門からなる研究室があり、基礎研究から臨床研究まで、医学と工学の融合を目指しながら活発な研究が行われています。 センター内での学術的な交流はもちろんのこと、医学系研究科の基礎系および臨床系研究室、工学系研究科、さらには他部局との連携も広く行い、学際的な世界レベルの研究を推進しております。 また、3領域からなる研究支援組織が置かれています。そのなかで、放射線研究領域は医学系研究科におけるRI実験の管理を一元的に行っています。 また、動物資源領域は、医学系研究科における実験動物の維持管理を行うとともに、運営管理を担当している生命科学実験棟は、平成24年から本学他部局に対しても開かれた運営を行ないます。 このように本センターは本学における生命科学研究の推進に重要な役割を果たしており、その人事や運営は、学内外に開かれた委員会組織により行われている点も大きな特徴の一つです。

本センターは、現在、本郷キャンパス内に分散して存在していますが、次世代の疾患研究を目指すというミッションのもと、医学系研究科附属病院に隣接して置かれることが設立当初から計画されていました。 現在、病院地区で進められているクリニカルリサーチセンター建築に合わせて、ようやくそれが具体化することになっております。 これが完了すれば、本センターの集中化により機能がさらに強化され、病院機能との連携を強め、疾患研究が更なる展開を見せるものと期待しております。 本センターの活動にご理解を頂き、ますますのご支援を賜りますようお願いいたします。