研究部門紹介

動物資源学
動物資源研究領域


教授饗場 篤
准教授中尾 和貴
  

1. 研究概要
動物資源学部門では脳機能、発癌機構等の分子基盤を個体レベルで明らかにするため、シグナル伝達分子のノックアウトマウス、コンディショナルノックアウトマウス、時期特異的領域特異的トランスジェニックマウスを作成、解析しています。 解析は、個体レベルの学習実験から、細胞レベルのシグナル伝達まで多岐にわたり、最新のプロテオミクス技術による解析も導入しています。 対象とする分子としては、シナプス可塑性や活動依存的な神経発生、個体レベルでの記憶学習に関与するグルタミン酸受容体やRhoファミリーGTPase等に焦点を当てています。 また、これらの変異動物がヒト疾患モデルとなり得るかどうかの検討も行い、有用な疾患モデル動物の樹立も目指しています。
2. 研究開発の目標
  • 遺伝子操作マウスの解析により脳機能・神経発生の分子基盤を明らかにする。
  • 種々のコンディショナルノックアウトマウスを作製し、疾患モデル動物を樹立する。
  • 哺乳動物の発生工学における技術開発を行う。
3. 業績
  1. Kassai H, Terashima T, Fukaya M, Nakao K, Sakahara M, Watanabe M, and Aiba A. Rac1 in cortical projection neurons is selectively required for midline crossing of commissural axonal formation. Eur. J. Neurosci., 28, 257-267, (2008).
  2. Ohtani Y, Harada T, Funasaka Y, Nakao K, Takahara C, Abdel-Daim M, Sakai N, Saito N, Nishigori C, and Aiba A. Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for in vivo growth of melanoma. Oncogene, 27, 7162-7170, (2008).
  3. Ito K, Kawasaki T, Takashima S, Matsuda I, Aiba A, and Hirata T. Semaphorin 3F confines ventral tangential migration of lateral olfactory tract neurons onto the telencephalon surface. J. Neurosci., 28, 4414-4422, (2008).
  4. Nakao H, Nakao K, Kano M, and Aiba A. Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for motor coordination in the adult cerebellum. Neurosci Res, 57, 538-543, (2007).
  5. Kassai H, Aiba A, Nakao K, Nakamura K, Katsuki M, Xiong WH, Yau KW, Imai H, Shichida Y, Satomi Y, Takao T, Okano T, and Fukada Y. Farnesylation of retinal transducin underlies its translocation during light adaptation. Neuron, 47, 529-539, (2005).