研究部門紹介

放射線分子医学
放射線研究領域

教授宮川 清
講師細谷 紀子  榎本 敦
助教安原 崇哲
特任助教Claudia Krause

1. 研究概要
本拠点は放射線によるDNA二重鎖切断から細胞応答に到る情報伝達経路を包括的に理解することによって、放射線被ばくや放射線治療に対する生物学的研究を推進するのみならず、これらの成果を応用して放射線以外の内因性のゲノム損傷に起因するすべての疾患研究を展開する。 DNA二重鎖切断は放射線のみならず抗癌剤や内因性の酸化ストレスでも容易に生成され、共通の情報伝達経路を経由しながらも出口として多様な表現型に到る。 したがって、この共通経路を解明することは癌における放射線治療のみならず抗癌剤治療の基盤研究を形成するとともに、連携によって癌以外の疾患の「ゲノム安定性の破綻」の視点に立った病態研究の展開が可能となる。 現在、「ゲノム安定性の破綻」の一つの機構として、DNA二重鎖切断に対する相同組 換え修復の異常が染色体不安定性を誘導する機序の解明に取り組んでいる。
2. 研究開発の目標
  • ヒトにおけるDNA二重鎖切断修復機構を解明する。
  • 疾患を「ゲノム安定性の破綻」と理解する病態学を展開する。
  • 放射線被ばく災害における急性障害に対する治療開発医学を確立する。
  • 染色体不安定性と核酸代謝機構の情報に基づく臨床腫瘍学を確立する。
  • 次世代の放射線生物学研究を担う若手研究者を多数輩出する。
3. 業績
  1. Yasuhara T, Suzuki T, Katsura M, Miyagawa K: Rad54B serves as a scaffold in the DNA damage response that limits checkpoint strength. Nat Commun 5: 5426, (2014)
  2. Hosoya N, Okajima M, Kinomura A, Fujii Y, Hiyama T, Sun J, Tashiro S, Miyagawa K: Synaptonemal complex protein SYCP3 impairs mitotic recombination by interfering with BRCA2. EMBO Rep 13: 44-51, (2012)
  3. Katsura M, Tsuruga T, Date O, Yoshihara T, Ishida M, Tomoda Y, Okajima M, Takaku M, Kurumizaka H, Kinomura A, Mishima HK, Miyagawa K: The ATR-Chk1 pathway plays a role in the generation of centrosome aberrations induced by Rad51C dysfunction. Nucleic Acids Res 37: 3959-3968, (2009)
  4. Enomoto A, Kido N, Ito M, Morita A, Matsumoto Y, Takamatsu N, Hosoi Y, Miyagawa K: Negative regulation of MEKK1/2 signaling by Serine-Threonine Kinase 38 (STK38). Oncogene 27: 1930-1938, (2008)
  5. Hiyama T, Katsura M, Yoshihara T, Ishida M, Kinomura A, Tonda T, Asahara T, Miyagawa K: Haploinsufficiency of the Mus81-Eme1 endonuclease activates the intra-S-phase and G2/M checkpoints and promotes rereplication in human cells. Nucleic Acids Res 34: 880-892, (2006)
  6. Kinebuchi T, Kagawa W, Enomoto R, Tanaka K, Miyagawa K, Shibata T, Kurumizaka H, Yokoyama S: Structural basis for octameric ring formation and DNA interaction of the human homologous-pairing protein Dmc1. Mol Cell 14: 363-374, (2004)
  7. Yoshihara T, Ishida M, Kinomura A, Katsura M, Tsuruga T, Tashiro S, Asahara T, Miyagawa K: XRCC3 deficiency results in a defect in recombination and increased endoreduplication in human cells. EMBO J 23: 670-680, (2004)